アイアンをダウンブローに打つためのインパクトの右腰と左腰の関係とは・・!

アイアンでナイスショットを打つための腰の動きとは

インパクトで左腰右腰より高い状態となるのが理想的です。
インパクトで左腰右腰よりも高ければ
ナイスショットの確率も上がります。

プロゴルファーはもちろん上級者も
この腰の形になっています。

しかし多くアマチュアの方は腕主導のスイングになり、
腰を上手く使えていません。

腕主導のスイングだと腰の動きが悪くなりインパクトで
左腰右腰の高低差を作ることが難しくなり
ダウンブローに打てません。

本日は腰の高低差を作る方法をご紹介します。

腰の高低差のあるインパクト

高低差のある腰の入ったインパクトを作るためには、

トップのポジションから切り返し直後に
左腰を上昇させながらターゲット方向へ
移動する意識をしてください。

(左腰をターゲット方向に移動させながら左腰を上昇させます)
↓  ↓

前傾をキープしたまま左腰を回転させると
インパクトに向けて右腰は逆にターゲット方向に下がっていきます。

(右腰がかなり下がっていく感じがしますがそれでOKです。)

もしインパクトで両腰の高さが同じなら
前傾角度がキープ出来ていません。

インパクトで右腰は浮いている状態となり
ミスショットが出やすくなります。

ダウンでは左腰はターゲット方向に移動させながら動き
右腰は下げていきます。

前傾角度がキープできていればフォロースルーに
掛けて右腰は低いまま回転していきます






切り返しで頭の位置はそのままで
左腰を目標方向げ移動させていくとインパクト以降
右に傾いているように感じますがそれでOKです。
上記のように左腰右腰の上に来たらダウンブローに打つことが出来ます。
ぜひ「正しい腰の高低差のあるインパクト」を意識して練習してください。

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。