ドライバーの調子がいいのにアイアンが当たらない時の対処法

ドライバーの調子がいいのにアイアンが当たらない時の対処法!?

ドライバーの調子はいいのにアイアンの調子が悪い・・・

逆にアイアンの調子はいいのにドライバーが全然上手く当たらない
時ってありますよね!

なぜ?そのようなことになってしまうのかは・・!

腰の動きが原因かもしれません。

ドライバーの練習した後にアイアンに切り替えると
トップやダフリ、スライス、フックと
いろんなミスが出るのか・・

ドライバーを何十発も打ち続けた後にアイアンを打つと
調子が悪くなってしてるときは

腰の動きが大きくなりすぎているからです。

腰の動きはクラブの番手が大きくなるにつれて
移動させる距離が長くなります。

ドライバーは腰を移動させる距離がもっとも大きくなり、
アイアンでは腰の移動距離を小さくなります。

しかし練習場でドライバーで打ち続けると、
ドライバーでの腰の移動距離になれてしまい

その慣れた状態でアイアンに切り替えると腰の動きは
ドライバーショット時の腰の移動距離になってしまい
その結果アイアンが安定しません。

アイアンはドライバーよりクラブが短いので
スイングの円弧も小さくなり

またボール位置も両足の真ん中にセットするので
腰が大きく動いてしまうと軸がぶれやすくなり
ナイスショットがでません。

なのでドライバーからアイアンに切り替えた時は
腰の動きを抑えないとナイスショットが出ません。

そんな時に意識して欲しいのがべた足で打つ練習です。

スイング中に下半身が動き過ぎるのがミスの原因なので
スイング中に下半身をあまり動かさないように

両足かかとを上げないで打ってください。

べた足スイングは、腰の移動をあまりしないので軸がぶれがなく
アイアンのミート率が上がります。

ドライバーからアイアンに変えた時は
ダウンスイングで腰を移動距離を小さくする

アイアンからドライバーに変えた時の当たらない時の対処法!

逆にアイアンからドライバーに変えた時、
調子が悪いのは腰の動きが小さすぎるのが原因となります。

ドライバーはアイアンよりもスイングの円弧が大きくなり、
またボール位置もアイアンより左側(目標方向)にセットするので

腰の動きも大きくしないとナイスショットが打てません。

アイアンからドライバーに変えた時は左腰を
目標方向へ移動させながら腰を回します。

その時トッから頭の位置を変えないで左腰を左に移動させながら
左腰を上げるとインパクトからフォロースルーにかけて

体が右に傾いていくように感じますがそれでOKです。

ドライバーショットではインパクトからフォロースルーでは
右に体が傾いていかないと正しいスイング出来ません


気を付けるポイント

※トップから頭を動かさないで
1、腰をターゲット方向へ移動させる。2、腰を回転させる。
頭の動きを制限することで左腰が移動することを制限出来ます。

まとめ

  • ドライバーからアイアンに変えた時は
    ダウンスイングで腰を移動距離を小さくする
  • アイアンからドライバーに変えた時は
    ダウンスイングで腰を移動距離を大きくする

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。