淀屋橋駅・本町駅、肥後橋から歩いて通えるSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える/アイアンをダウンブローに打つためのインパクトの右腰と左腰の関係とは・・!

 

アイアンでナイスショットを打つための腰の動きとは

 

インパクトで左腰右腰より高い状態となるのが理想的です。

インパクトで左腰右腰よりも高ければナイスショットの確率も上がります。

 

プロゴルファーはもちろん上級者もこの腰の形になっています。

 

しかし多くアマチュアの方は腕主導のスイングになり、

 

腰を上手く使えていません。

 

腕主導のスイングだと腰の動きが悪くなりインパクトで

 

左腰右腰の高低差を作ることが難しくなり

 

ダウンブローに打てません。

 

本日は腰の高低差を作る方法をご紹介します。

 

腰の高低差のあるインパクト

 

高低差のある腰の入ったインパクトを作るためには、

アイアンでダウンブローに打つなら腰の高低差を付けろ

 

 

トップのポジションから切り返し直後に

 

左腰を上昇させながらターゲット方向へ移動する意識をしてください。

 

(左腰をターゲット方向に移動させながら左腰を上昇させます)

↓  ↓

アイアンでダウンブローに打つなら腰の高低差を付けろ3

 

前傾をキープしたまま左腰を回転させると

 

インパクトに向けて右腰は逆にターゲット方向に下がっていきます。

 

(右腰がかなり下がっていく感じがしますがそれでOKです。)

 

アイアンでダウンブローに打つなら腰の高低差を付けろ

 

もしインパクトで両腰の高さが同じなら前傾角度がキープ出来ていません。

 

インパクトで右腰は浮いている状態となりミスショットが出やすくなります。

 

ダウンでは左腰はターゲット方向に移動させながら動き

 

右腰は下げていきます。

 

前傾角度がキープできていればフォロースルーに掛けて右腰は低いまま回転していきます

 

切り返しで頭の位置はそのままで

 

左腰を目標方向げ移動させていくとインパクト以降

 

右に傾いているように感じますがそれでOKです。

 

上記のように左腰右腰の上に来たらダウンブローに打つことが出来ます。

 

ぜひ「正しい腰の高低差のあるインパクト」を意識して練習してください。

 

 

 

初心者ゴルファーにおすすめの関連記事
初心者ゴルファー準備編

 

初心者ゴルファールール・マナー編

 

 

初心者ゴルファー実践編

 

初心者ゴルファーのWHAT ?

大阪のゴルフスクールが初心者さんの為のお役立ち方法を書いています

 大阪市内初心者ゴルファー初コンペ初ラウンドでどうしても迷惑をかけれない方はデビュー前にラウンドレッスンおすすめします
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    

ラウンドレッスン大阪

大阪市内のゴルフ初心者・未経験者でゴルフが上達したい方は一度、体験レッスンをご受講されることをおすすめします。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

初心者、未経験者専用のstepbystepゴルフスクール堺筋本町駅・北浜駅・御堂筋線淀屋橋駅・御堂筋線本町駅近く

〒541-0047

大阪市中央区淡路町2丁目1−1堺筋千島ビル 2F

ご予約、お問い合わせは TEL:080-7079-2716

営業時間:平日10:30~21:30(最終受付21:00まで)

土曜日・祝:10:30〜19:00(最終受付18:30まで)

定休日

日曜日
(コンペ・ラウンドレッスン開催のため)

※営業時間外は応相談。お気軽にお問い合わせ下さい。

初心者ゴルファーのぎもんに戻る