アプローチは上げる方がいいのか?転がす方がいいのか?

よくみなさんにアプローチの事を聞かれます。

ボールを上げる方がいいのですか?
それとも転がす方がいいのですか?

私はこの質問に答えるときは
そこそこ打てる方には出来るなら
上げる方がいいですよと答えています。

なぜ転がすより上げる方がいいのかは
ボールを上げる方がキャり―の
距離感を考えるだけでいいからです。

アプローチを上げた方がいい理由


それではなぜ上げた方がいいの?
アプローチで
大事なのは距離感と方向性ですよね!

ボールを上げて打つときは
ボールを高さで止められます。

落としたい所はカップの近くになります。

カップからの距離が短くなるので
曲がり具合を計算しやすくなります。

ロングパットとショートパットと同じ原理です。
短い方が読みやすくなります。

なのでボールの落ち所さえ考えれば
ボールの曲がり具合も小さいので
カップに対して比較的真っすぐに狙えます。

アプローチを安定させる方法

アプローチを転がさない方がいい理由


しかし転がす場合はグリーンに
接地している時間が長くなり、その分
速さや傾斜の影響を受けるので
曲がり具合の計算と
転がるスピード計算をしなければいけません。

実践の多いプロやトップアマなら
そのグリーンの癖や転がり具合など計算できますが

経験値の少ないゴルファーが初めて回る
コースのグリーンを攻略するのは難しすぎます。


もう一つボールを上げる方がいい理由は

打ちっぱなし場で練習するときに
ほとんどの練習場では
20ヤード・30ヤードと
ターゲットがあります。

みんなそこを狙って練習していると思います。

しかし打ちっぱなし場のターゲット周辺は
グリーンではなく地面は硬いです。

だからボールが落ちてからの
転がり具合などわかりません。

でも看板に直接ボールを
キャリ―で打つことは可能です。

みなさま普通に狙っています。

ということは普段から転がすより
上げる方は練習しやすいし
距離感も作りやすい事になります。

そんな理由で転がすより上げる方が
良い結果につながると思います。

アプローチを転がしたほうがいい人


がしかし・・・
今まで説明したのはそこそこ打てる方の考え方です。
未経験者ややり始めて間もない初心者は
転がした方がいいです。

これには理由があり、ほとんど
練習やラウンド経験のない人は
基本大きいスイングが苦手です。

まだボールにうまく当てることが
できないゴルファーの方は
小さいスイングの方がボールへの
コンタクト率が上がります。

例えばですが
30ヤードのアプローチを打つ場合

AWで30ヤード打つと
キャリ―で22ヤード
ランが8ヤード
とします。

8番アイアンでは
キャリ―で6ヤード
ランが24ヤード
とします。

この場合
AWでアプローチする場合
腰の高さから腰のまで振る必要がありますが

しかし8番アイアンでは
膝の高さから膝まで振り幅です。

ショットの成功率だけで考えると
AWより8番アイアンの方が
バックスイングが小さい分、
インパクトで芯に当たる確率があがります。

なのでグリーンに乗せるだけの事を考えれば
転がす方が簡単です。

未経験者やラウンド経験の少ない人の場合は
まずグリーンに乗せる事が大事なので
転がす方がいいです。

まとめ

100切りを狙っている方や
スコアアップを目指す方はボールを上げる方が
距離感はつかみやすいです。


トーナメントや熟練者のアプローチは
転がすより圧倒的に上げる方が多いです。


未経験者やラウンド経験の少ない方は
転がす方が簡単です。
まずグリーンに乗せる事が先決です。

以上でした。







STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。