御堂筋線本町駅・淀屋橋駅からも通えるSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える☆アイアンとドライバーを同じようにスイングしてはいけない理由?

皆様、アンアンは調子がいいのにドライバーの
調子が悪い日ってないですか?

このようなお悩みの方は沢山いてるでしょう!

なぜアイアンは調子がいいのに
ドライバーの調子が悪い
のかというとそれは!

アイアンとドライバーを同じように
スイングしているからです。

アイアンショットのスイングと
ドライバーショットのスイングは
同じイメージで振ってはいけません!

必ずアイアンとドライバーではスイングの
イメージを変えないといけません!

アイアンでのスイングと
ドライバーでのスイングは

同じようにスイング
してもいい箇所と
絶対に同じにスイングをしては
いけない箇所があります。

なぜアイアンをスイングする時とドライバーをスイングする時でイメージを変えなければいけないのか?

なぜ違うのか?を説明すると

ドライバーはゴルフクラブの中で一番長いクラブです。

また、ドライバーはヘッドも一番大きくクラブになります。

ドライバーは飛距離が一番出るクラブで
主に一番最初のティーショットで打ちます。

またドライバーはティーアップしているので
ボールが地面から浮いている状態で打ちます。

アイアンショットは

アイアンショットを打つ場合ボールが地面にあります。
つまりアイアンとドライバーではボールの
位置が違うということです。

ボールをティーアップして地面から浮いている
ドライバーショット
地面から打つアイアンショットになります。

ということはアイアンとドライバーでは
クラブの最下点が違うということになります。

ドライバーはティーアップして地面から
浮いているのでインパクトのイメージは


ボールに対して平行にヘッドが動かないといけません
一方アイアンショットではボールが地面にあるので



クラブの最下点は地面になります。
アイアンショットでは地面を打つイメージで
打つので少し入射角が鋭角になります。

つまりドライバーショットでは地面にクラブが
当たらないようにスイングするのに対して

アイアンショットではクラブを地面に
接地しないとナイスショットが出ません。

このようにクラブの最下点が違うのに同じように
スイングすればミスショットします。

アイアンショットではクラブを地面に
打ち込むような意識で打ち
ドライバーはボールに対してクラブは
平行に動くのが正解です。

——————–

またアイアンとドライバーのスイングで
同じように意識していい箇所は
スイング中軸がぶれない事や
下半身の動きを安定させることが大事です。

まとめ

  • アイアンショットは地面を打つイメージ
  • ドライバーショットはティーアップして地面から浮いているのでボールを横から打つイメージ

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。