御堂筋線本町駅からも通えるSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える☆ドライバーで最大限に飛距離が出せるインパクトの形とは?

 

ドライバーで飛距離が出せる
インパクトの形をご存じですか?
その形とは
ビハインド・ザ・ボール
です。

ビハインド・ザ・ボールとはインパクトで
頭の位置がボールより右側にあることを言います。

もしドライバーでこの形を作ることが出来れば

  • ・インパクトで最大限の力をボールに伝えられる
  • ・正しい入射角でインパクト出来る
  • ・ヘッドスピードを最大限に加速させながらインパクト出来る
  • ・軸がぶれなくなりスイングの再現性が高まる



といろんなメリットがあります
その結果

  • 飛距離が出る
  • スイングの再現性が高まりフェアーウェイキープ率が上がる
  • スピンが適正になり風にも負けない球が打てる


などです。

インパクトでビハインド・ザ・ボールの形になると
上記のような形になります。

ドライバーショットの時にインパクトでは頭の位置が
ボールの位置よりも右足側にないと
ビハインド・ザ・ボールになりません。

上図のボールの位置の1線上より頭が流れないのが
最大限にヘッドスピードを上げれる形です。

インパクトで頭の位置が緑の線を越えると
体が突っ込んでいる状態になり、ヘッドスピードも上がらないし。

クラブの入射角が鋭角に入りスライスなど
いろんなミスが併発されます。
絶対にドライバーショットでは頭の位置は
ボールよりも左側に出ないようにしてください。

しかしインパクトで頭の残りすぎにも注意が必要です
インパクトで頭が残りすぎてしまう

上半身が正しく体重移動が出来ていない事になります。
インパクトで正しく体重移動が出来ていないと

飛距離が出ない

ボールから離れるのでトップしやすくなる

ボールの手前をダフる

などいろいろなミスが出やすくなります。
なのでインパクトで頭の残りすぎもイケません。

目安ですが上図の黄色い線(右足の母指球線上)
よりインパクト頭が出ない事です。

つまりビハインド・ザ・ボール
正しくインパクトを迎えようとすると
上図のようにインパクトで

ボールの1線上(緑の線)より頭の位置は
左に流れてはいけないし
また右足の母指球の1線上(黄色の線)
よりも頭が右に残ってもいけません

皆様もインパクトでビハインド・ザ・ボールを意識して
ドライバーショットをお試しください

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。