御堂筋線江坂駅や梅田駅・本町駅からも通いやすいSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える/初心者がコースで心がけるべき気配り4か条のルールとは?

初心者がコースで心がけるべき気配り4か条のルールとは?

 

ゴルフをプレーするには約半日、

お客さんと時間を共にすることになります。

仕事と違い大自然の中で一緒に時間を過ごしていくので

同伴競技者とはお話する時間も増えます。

 

 

お客様への接待や会社の上司に自分を知ってもらう

チャンスでもあるので失礼がないようにしたいですね。

しかし逆にラウンドでの振る舞いやトラブル時の

対応次第で自分の評価を下げる場合もあるます。

 

 

ラウンド中のマナーやミスショットした時の

振る舞いやしぐさなどは何気なく人から見られているので

失礼がないことを気を付けながらラウンド前にしっかり対策を考えましょう。

 

ここでは初心者の方が接待や上司と一緒に回るときに心がけてほしい4か条をここに紹介いたします。

 

一つ目は服装・ドレスコード

ゴルフ場のドレスコードはコースによって様々です。

パブリックコースと名門ゴルフクラブではドレスコードがかなり違います

接待としてコースに行く時は名門コースに行かれることが多いと思われるので

ここでは名門ゴルフクラブを想定してドレスコードをお伝えします。

 

男性

・トップスは襟付き

(ポロシャツ等)

・パンツはくるぶしまで隠れる

(7分丈や半ズボンはNG)

・帽子かサンバイザーを必ず着用

(ゴルフ場によっては義務付けしている所もあります)

・ベルト(必ず着用)

(パンツの中にシャツのすそを入れなければならないのでベルトは必須です)

 

女性

・トップスは襟付き

(ポロシャツ等)

・パンツかスカート

スカートはあまり短い物はNG

・ベルト必ず着用

トップスのすそをパンツにインしなければならないのでベルトが必須です)

・帽子かサンバイザー

(必ず着用してください)

ダメな服装

・Tシャツ

・Gパン

・タンクトップ

・ジャージ

 

NG行為

・首にタオルを巻きつける

・トップスの裾をパンツの外に出す

 

 

最近はファッショナブルなゴルフウェアーが沢山ありますが、

初めてご一緒する時はできるだけ地味な服装を選んだほうが無難です。

 

 

綺麗で派手な服装でも問題ありませんが

初心者の内はマナーやルールもよくわからないです。

 

 

悪気ないマナー違反をしたときに服装が派手だと

目立ちすぎてしまいます。

 

もしお客様のホームコースに招待されて派手な

服装で迷惑行為があったとすれば

 

お客様の評判も傷つくかもしれません。

 なるべく地味なオーソドックスなものを選ぶのがベターです。 

女性は派手なものでも問題ないと思います。

 

スロープレー

ラウンド中、特に気を付けて守りたいのが“スロープレーの防止”です。

スロープレーはホントに気をつけてください。

 

ラウンド中のスロープレーはとにかく目立ちます。

お客さんとの接待ゴルフでお客さんのプレーを妨げたり、

待たせたりしないようラウンドがスムーズに

進行出来る事を前提にプレーしてください。

 

 

スロープレーは同組の方だけでなく

後ろの組にも迷惑が掛かってしまいます。

だから周りに迷惑を掛けないようにプレファーストを心がけましょう!

 

 

スロープレーを指摘される人は、 ショットに入るまでの所作 が異常に遅いです。

常に先を見越して行動するようにしましょう

 

スロープレーの気を付けるポイント!

素振りが多い

(素振りは1~2回まで)

 

ボールを探しに行く時にクラブを持たずに探しに行き、

またボールの場所からクラブを取りに戻る。

(ボールを探しに行く時は必ず数本クラブを持っていく)

 

打順が巡って来てからボールとティーを用意する。

(打つことが決まっているのでいつでも打てる準備をしておく)

 

参考サイト(こちらのページに詳しく乗っています)

大阪でトラックマンレッスンが可能なSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える☆初心者のゴルフの平均プレー時間はどれくらいかな?

ゴルフのラウンドの18ホールのプレーする時間はどれくらい掛かるのかご存じですか? ゴルフは18ホールですが日本の大体のゴルフ場で4人パーティで9ホール(アウト)お昼休憩を挟んで残り9ホール(イン)の計18ホール回ります。 そのラウンドの合計時間の目安が約4時間30分位なっておりそれ以上はスロープレーと言われています。 9ホール2時間15分以内で回るように設定してるゴルフ場が多いです。 …

 

 

グリーン上とティーグラウンドのマナー

 

ティーグラウンドで気を付けるポイント

大声で話さない

順番が来ればすぐに打てる準備をしておく

素振りは安全確認を取って人から離れたところでする

人が打つ時に視界に入らないようにする

OBと思ったら暫定球を打つ

 

グリーン上で気を付けるポイント

大声で話さない

自分の順番来る前にラインを読んでおく

人のラインを踏まない

グリーン上ではボールマークをする

自分の影が人の邪魔にならないようにする

ボールを間違えないようにする

(ボールマーク)は必ず直す

人が打つ時に動かない

 

 

 

ナイスショットは本気で褒めて、そして一番は自分が楽しむ事!

 

進んで人のプレーを褒める

人がナイスショットすれば必ず一声かけてあげましょう♪

この褒めることはとても重要です。

褒められてイヤなひとは誰もいません。

 

 

ナイスショット・ナイスアプローチ・ナイスパットなど

人が良いショットをしたときは恥ずかしがらずに褒めましょう!

 

しかし過度に褒めすてもイケません。

例えば誰が見てもミスショットなのに

わざわざナイスショット~・・て言わなくてもいいです。

 

人がミスショットした場合は黙っているか、

事実だけを伝えるのが無難です。

 

 

余計な発言は絶対に避けましょう、

下手な発言で相手がどのように感じるかわからないので

発言する場合はボールの行方だけを伝えるようにしましょう。

 

 

ミスショットかナイスショットかわからない時は誰か他のプレーヤーが

言う間でなにも言わないでください。

 

 

 

自分が楽しむ

社内コンペで初めてコースに回りしかも普段あまり話さない上司やお客さんとの

同組のラウンドとなれば誰でも緊張するし

初心者の人はラウンドでゴルフが上手くいくはずもなく

空振りやOBが連発など想定外の事が起こります。

 

 

しかしどんなミスが起こっても拗ねたり怒ったりしないで

ニコニコ笑顔でラウンドすると周りの人もほっこりします。

 

 

絶対にミスしても拗ねたりしないでゴルフを一生懸命にプレーすれば

同組の人も一緒にラウンドしてて心地良いと思います。

 

接待ゴルフのメリット

一緒にラウンドすることでその人との距離を縮める事が出来ます。
さらに、ランチやラウンド後の懇親会等で話す時間が増えて気遣いできる
材と認識してもらえるかもしれません。
段取り力
接待ゴルフはコンペの準備や場所選び、メンバー選び、
スケジュール調整等いろんな事をやらなければなりません。
かなり前からいろんな人を巻き込んで
考えないといけないので段取り力が付きます。
トーク力
ゴルフでは半日、ご一緒することになります。
お客さんを退屈させないよう
いろんな話題で話さないといけません
その場が和むような配慮ある会話、
ユニークな会話でトーク力や空気を読む力も鍛えられます。
 それらは仕事でも活かせます。

 

初心者ゴルファーにおすすめの関連記事
初心者ゴルファー準備編

 

初心者ゴルファールール・マナー編

 

 

初心者ゴルファー実践編

 

初心者ゴルファーのWHAT ?

大阪のゴルフスクールが初心者さんの為のお役立ち方法を書いています

 大阪市内初心者ゴルファー初コンペ初ラウンドでどうしても迷惑をかけれない方はデビュー前にラウンドレッスンおすすめします
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    

ラウンドレッスン大阪

大阪市内のゴルフ初心者・未経験者でゴルフが上達したい方は一度、体験レッスンをご受講されることをおすすめします。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

初心者、未経験者専用のstepbystepゴルフスクール堺筋本町駅・北浜駅・御堂筋線淀屋橋駅・御堂筋線本町駅近く

〒541-0047

大阪市中央区淡路町2丁目1−1堺筋千島ビル 2F

ご予約、お問い合わせは TEL:080-7079-2716

営業時間:平日10:30~21:30(最終受付21:00まで)

土曜日・祝:10:30〜19:00(最終受付18:30まで)

定休日

日曜日
(コンペ・ラウンドレッスン開催のため)

※営業時間外は応相談。お気軽にお問い合わせ下さい。

戻る