飛距離と球の高さに大きく影響するSPINRATE(スピン量)って何かな?

Spin Rate(スピン量)とは文字通りインパクト時にボールのスピン量の事です。
各クラブで適正なスピン量があり、また個々のヘッドスピードに
よっても適切なSPINRATE(スピン量)は変わります。

ドライバーではスピン量をコントロールできないと飛距離にとても影響します。
スピン量が多すぎると飛距離をロスしてしまいます。

上記の図は男子プロのSPINRATE(スピン量)は2686pm、女子プロは2611pmとなっています。
男子プロと女子プロの差を見て欲しいのですが
女子プロの方がスピン量が少ないです。

女子プロの方が飛距離重視になって低スピン高弾道で飛距離を出そうとしています。
男子プロは飛距離よりも安定重視なのでスピン量が少し多めになっています。

ホントに飛距離が欲しければもっとSPINRATE(スピン量)を減らすと飛距離はのばせます。
スピン量が増えすぎるとボールが高くフケ上がり、

ボールが前に進まず地面にお落ちてからもランが減りトータル飛距離が落ちます。
それにスピン量が増える事によりボールの曲がり幅にも大きく影響します。

仮にボールにスピンが掛からなければ球は曲がりません。
どちらかの方向に真っすぐ飛ぶだけなのです。

だからスピンが増えればその分ボールも曲がる量が大きくなります。
当スクールに体験レッスンで飛距離が出ないと言って来られる人をトラックマン4で計測すると
大体は2800pm~3200pmの間の方が多いです。

スピン量が多すぎて飛距離を大きくロスしてることになります。
単純にヘッドスピードとクラブの打点も同じでSPINRATE(スピン量)

が3000m台の人が2000pm前後になれば飛距離は15ヤード以上は伸びるでしょう

ドライバーのSPINRATE(スピン量)が多くなる原因と要素

ドライバーでSPINRATE(スピン量)が多い人



クラブの要因

・アタックアングル(入射角)

・フェースの打点

・インパクト時のロフト角

・シャフトが合っていない

・ティーアップが高すぎる

スイングの要因

・アウトサイドインでカット軌道になっている

・手打ちでボールを叩こうとし過ぎて体の回転が止まってる

・インパクトでターゲット方向に体がスエーしてる

その他いろいろ原因はあります。

スピン量が多い人の中で一番の原因はアウトサイドインの軌道で
インパクトでフェース面が開いてスライスして右に曲がり、
ボールも飛ばない、この原因が一番多いです。

そんな方がスピン量を減らすにはクラブをインサイドから下り、
インパクトでフェース面が開かないようにすれば
ドロー系の球が打てるようになり大幅な飛距離アップも可能になります。

ドライバーでSPINRATE(スピン量)が少ない人

道具の要因

・シャフトが硬すぎる

・クラブが重過ぎりて振り切れない

・クラブヘッドのロフトが合っていない

・ティーアップが低すぎる

スイングの要因

・アタックアングルが鋭角に入りすぎてる

・打点が下過ぎる

・ボールを右足寄りに置き過ぎている


低スピンの方で飛ばない方は、打ち出し角が低すぎて
ボールが高く上がらずにキャリーが出ないからです。

また、インパクトでロフト角が立ち過ぎているからなのか、
まず原因を探しましょう!飛距離が出ない方は一度
ご自身のドライバーでSPINRATE(スピン量)を計測してみましょう

アイアンのスピン量

アイアンでもSPINRATE(スピン量)は大切です。
クラブが短くなるほどスピン量は増え、
5番アイアンよりピッチングウェッジの方が増えます。


また球の高さやグリーンに落ちてからの
ボールの止まり具合が大きく変わり


スピン量が多いほどグリーンでボールが止まるので
ランの計算をせずピンを直接狙っていけます。


トーナメントをみてるとプロゴルファーが
ウェッジでグリーンに落ちてからボールが戻ってくるシーンを


見た方も多いと思いますがあれはボールに強烈な
バックスピンが掛かっているからです。


スピン量の目安は男子プロで各番手×1000倍が理想とされています。
7番アイアンなら7000pmです。


ですがヘッドスピードが平均値のアマチュアならそこから
1000pm~1500pm引いたくらいが適正値で

7番アイアンで5500pm~5800pm位を目安でいいと思います。

逆にスピンが少なければ落ちてからランが出過ぎてしまい
グリーンをオーバーしやすくなります。

アイアンでスピン量が少ない人の主な要素は

スイングの原因

・インパクトで体が突っ込んでる人

・ハンドレイトでインパクトしてる

・ダフっている

・クラブパスがインサイドから入りすぎる

クラブとボールの原因

・クラブの芯に当たっていない

・ボールが合っていない(固さや素材)

・クラブの重心位置が合っていない

のような原因が考えられます。

ウェッジのスピン量を増やす要素

・ロフト角の大きさ
・バウンス角(広いほどスピンが掛かる)
・フェース面の溝の深さ(ミーリング加工)
・フェースの当たる位置
・フェースの

スイングの要素

・ヘッドスピード
・ハンドファーストでインパクトする
・ダフらない(これが一番)
・アタックアングルを大きく

またスピン量が増えると風にものすごく影響されます。
例えばアゲンストの風でバックスピン量が増えると
ボールが前に進む力より浮力により球がふけ上がり全く飛びません。
風速5mならクラブ1番手か2番手大きくしないと同じ距離は飛ばせなくなります。
いつも7番で150ヤードの人なら130ヤード位しか飛びません。

左右の風にも大きく影響される

下記の図は

トラックマンの実験でインパクト時のフェース面・ヘッドスピード・
クラブパスほぼ同じ条件で風の強い日を選んで同じ練習場の

左側と右側から打ち分けて計測実験で風が
右から90度左に吹いたときと風が左から90度右に吹いている時の差を表したものです。

図の通り曲がり幅が左右対称になっています。

スピン量が多ければ多いほど球がフケ上がり風の影響を大きく受けてしまいます。
これにサイドスピンが掛かればボールはもっと曲がります。

SPINRATEをコントロール出来れば飛距離アップはもちろん
アイアンショットの距離も安定するので皆様、
ご自身の各クラブのスピン量を計測してみてはどうでしょうか!

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。