ギア効果って何?ドライバーの打点位置とギヤ効果!トゥ側・ヒール側・芯の弾道比較

  みなさま、ギア効果って聞いたことありますか? ギア効果とはボールにスピンが掛かるメカニズムです。   ドライバーでボールがクラブに当たる位置によりボールの回転軸とスピン量 が変わり弾道に大きく影響します。 このメカニズムを知る事でボールの曲がりをコントロールすることが可能になるので みなさま、覚えてください      

サイドスピンのギア効果 ボールの横回転

  ドライバーのフェイス面は実は平面ではなくではなく少し丸みがあります。 このアール(曲面)がボールの回転にすごく影響します。 まずはボールの横回転の仕組みから説明していきます。     ボールがフェースの先(トゥ側)に当たるとその衝撃でフェースは開こうとします。 しかしその摩擦でボールには逆にフック回転が掛かります。 フェースと反対の動きでこれがいわゆるギアーの動きと似ている所からギヤ効果と呼ばれています。   上記の画のようにトゥ側に当たるとボールにフック回転が掛かるので ボールは左方向に曲がります。 トゥ側に当たるとフェース面はその衝撃で右に向くのでボールは右方向に飛び出しします。 しかし逆にボールにはフック回転が掛かるのでボールは左に曲がります。   その結果、ボールは右に飛び出した後フック回転が掛かるのでボールは左方向に曲がります。   またトゥ側に当たるとボールのスピン量は減ります。 逆にフェースのヒール側に当たるとクラブは左に閉じてボールには右回転(スライス回転)が掛かります。 上記の画のようにクラブは左方向に閉じる動きが出てボールは逆にスライス回転が掛かります。 その結果ボールは左に飛ぼ出してから右に曲がります。 俗にいうスライスボールとなります。 またクラブのヒール側に当たるとスピン量は増えます。       スライスで悩んでいる方の多くがヒールヒットして、 スピン量が増えてその結果、曲がり幅が大きくなっています。     なのでスライスでお悩みの方はトラックマンやショットマーカーなどで フェイス面のどこに当たっているかを調べて、ヒール側に当たっていれば インパクトの位置を改善すればスライスは軽減されます。

スピン量のギア効果 ボールの縦回転

      先程の横方向と同様に縦方向にもギア効果が発生します。 先程はボールの回転軸が左右に曲がりに影響しましたが   フェース面の縦方向(ロール)のギヤ効果はスピン量に大きく関係します。 フェース面の下部に当たるとその衝撃でフェース面は(ロフト角)立ち、 フェース面は下を向きます。その衝撃でボールには「フェイス面と逆方向」に力が加わり バックスピン量が増えます。 バックスピン量が増えるとボールがフケ上がって飛距離が出ません。         逆にフェースの上部に当たるとフェースの面は(ロフト角)上を向こうとします。 その結果、ボールに逆方向に動こうとしてバックスピンが減ります。 注)バックスピン量が減るだけでトップスピンが掛かるわけではない!! 一般的にはバックスピン量が少ないほうがランがでます  

ドライバーで最も飛ばせる位置はどこか?

ギア効果を元に考えると最も効率よく飛ばせる芯の位置は 上画のように真ん中より少し上になります。 この位置がスピン量を減らせて打ち出し角も上がりキャリーが出てランも出ます。   またヒール側に当たりスライスして飛距離が出ないという方は 上図のようにフェース面上部のトゥ側よりに当てると ボールは低スピンでボールにフック回転が掛かるので スライスが出なくなります。    

ギア効果まとめ

    ギア効果をまとめると、フェースがボールが当たる位置によって影響を受けるパターンです。
打点がトゥ側より     右回転のスピンに(フック回転)
打点がヒール側より    左回転のスピンに(スライス回転)
打点がフェースの上部   打ち出し角度増加、バックスピン量減少
打点がフェースの下部   打ち出し角度減少、バックスピン量増加

これらを意識しながらショットマーカーなどを使いインパクトの位置を調整してください。

もしフックが強いならヒール寄りで打つとか、

バックスピン量が多くて球が上がりすぎるならフェース面上部で打つように

するとミスが軽減されます。

※クラブパスやフェース面などは考慮しておりません。

 

 



トラックマン4を使えば上図の一瞬でインパクトロケーションが見れて

どこが悪いのかすぐにわかります。

皆様もトラックマン4を一度体感することをお勧めします。

お悩みがすぐに解決できますよ1

それではみなさま練習頑張て下さい。