ボールの飛び出し方向と曲がり幅に大切なCLUB PATH(クラブパス)ってなに?

クラブパス(CLUB PATH)とは

 

クラブパス(CLUB PATH)とは

 

インパクト直前からインパクトを通過した時のクラブの左右の軌道の事です。

ボールの飛び出しにとても重要な項目です。

 

クラブパス

上の図のインパクト前後のことでインサイドイン・アウトサイドイン

とかインサイドアウトと呼ばれてる物です。

クラブをどの方向に振っているのかを表します。

0度=目標方向
(+) 右 インから
(-) 左 アウトから

 

クラブパス(CLUB PATH)はボールの曲がり幅と飛び出し方向にとても影響します。

 

 

 

 

クラブパス(CLUB PATH)とフェースアングル(フェース面)の

関係を知れば、自由自在にボールを曲げる事が可能になります。

 

アマチュアの方はまずクラブパスを安定させることが大事です。

 

今まではドローを打ちたければクラブはインサイドからアウトに

振りぬき、インパクトではフェース面は閉じるって思って打っていました。

 

しかしこのトラックマン4ではその数値が可視化できるようになり

どのくらいインからクラブを下ろせばばドローになるのかを数字で分かります。

 

 

クラブパス(CLUB PATH)の理想値は-1度~3度くらいと言われています。

ドロー系の球とスライス系の球ではクラブパスは変わります。

ドローを打ちたいならクラブパスは+(イン)からでないと打てません。

 

 

アマチュアの方が実際にトラックマン4で計測するとクラブパスは安定していない人が多いです。

 

特に初心者ゴルファーの方はアウトインの軌道で振る人が多いです。

なのでボールにスライス回転が掛かり球が右に曲がっていきます。

 

 

捕まったボールを打ちたければクラブパスは

少しインサイドから下ろさなければいけないのですが

 

スライスが出る人はボールが右に曲がるのに

クラブパスをインアウト(クラブを右方向)

 

に振るのはもっと右に曲がりそうな気がして

クラブパスをアウトインに振ってしまい余計にスライスが強くなります。

 

 

 

 

また逆にフック系のミスが多い人はインから下ろしすぎてしまいます。

ゴルフが上手い人ほどこの傾向が強いです。

 

このタイプの方はフックが出るのはクラブパスがアウトから下りているからと

思い込んでいる人がいます。

引っかけアウトインの軌道

になっていると・・・

 

しかしトラックマン4で計測してみると

クラブパスがインアウトになり過ぎてフックしてる

事がわかり大変驚かれます。

 

上図は引っかけで悩んでいる方のデーターですが

クラブパスが+9.6となっています。

しかしフェースアングルは-0.2左に向いているだけなのに

ボールは思い切り左に曲がっています。

この方のスイングのイメージではボールが左に曲がるので

インサイドアウトにクラブを振っているとの事でした。

上図は同じ方の修正後ですが

クラブパスは-0.2でフェースアングルは-0.9となり

ボールの曲がりが減りました。

 

先ほどはクラブパスが+9.6でフェースアングルは-0.2で

大きく左に曲がっていましたが

 

下図はフェースアングルは-0.7に対して

クラブパスが-0.2と大きく変わる事で

 

ボールの曲がり具合が変わったことが分かると思います。

 

みなさん思い込んでいる自身のスイングのイメージと

実際の数値の違いを見つける事がスイング改造の近道ですよ。

 

 

 

大阪市内でトラックマン4レッスンを受講したい方はこちらまで

 

トラックマン4申し込み

トラックマン4わかる事とは!