冬のアプローチ – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: アプローチ

冬のアプローチはホントに難しいですよね。

冬は芝が枯れているのでボールが浮きません。木の上とか板の上から打ってるみたいです。

少しでもダフルとチャックリしてしまいますね。

それを嫌がって打ち急いでトップしたりとミスが多いです。

なぜチャックリのミスをするのかといいますとボールに当たる前に

ソールが地面に当たってはねてしまうからです。

ミスを防ぐにはダフらない事が大事です

なので冬のアプローチでは基本は転がしです。

球を上げないで済む状況ならウェッジは使いません。

少しでもミスを減らしたいので8Iでアプローチを進めます。

グリーン廻りならパターを打つみたい構え

少しクラブを吊るようにアドレスしヒールを浮かせます。

フェースのトゥ側でボールを打ちます。

体重移動をあまりしないように気を付けて下さい。

これでチャックリが減りますよ

これはウェッジでもしますが冬は8Iでする方が

ミスする確率が減ります。

練習ではマットの擦りへっている所から打つとか

マットの周りのゴムの上から打つとか

ダフれない状況を作って練習すると本番も

上手く打てるようになりますよ。

冬のアプローチ


メッセージを入力