ゴルフクラブのフィッティング ①

[su_heading size=”42″ margin=”40″ class=”h1 { padding: 0.5em;/*文字周りの余白*/ color: #494949;/*文字色*/ background: #fffaf4;/*背景色*/ border-left: solid 5px #ffaf58;/*左線(実線 太さ 色)*/ }”]ゴルフクラブのフィッティング①[/su_heading]

大阪でフィッティングするなら

初心者がフィッティングする場合!

ゴルフクラブをフィッティングする前に大事な事は

ゴルフクラブを探す前にまず
[su_highlight background=”#fdb4eb”]自分自身で
今のゴルフのレベルを知る事とゴルフにどれだけ向き合えるのか[/su_highlight]
を考える必要があります。

これからゴルフを趣味にして長く続けようと思っている人と
年に1,2回行く人では選ぶクラブも変わってきます。
もし長くゴルフを続ける気ならフィッティングは必須と思います。

ではフィッティングはいつすればいいのかと言えば、
ずばりやり始める時からするのがベターです。

生徒さんにも訪ねられた時は、
私はそう答えています。

何故かと言えば、例えば自分に合っていないクラブでも
練習し続けるとそれなりにボールは打てるようなるとは思います。

しかし合っていないクラブで練習やラウンドを
やり続けるとその合っていないクラブに対しての
スイングのクセがついてしまい
上達の妨げになってしまいます。

ゴルフの上達はクラブとともにあるので、
そのどっちかだけだと上達を妨げることにになり、
いざ正しいスイングを身に付ける時には、
今までのスイングを一から修正して悪う動きを直さないといけません。

なのでせっかくゴルフをするなら
初めからフィッティングをしは方が効率よく上達できると思います。

ゴルフクラブはスイングと共に変わっていくので
スイングが先とかクラブが先とかはなくスイングの
成長と共に変えていくのがベストです

初心者でもフィッティングはした方がいいのか?

普通クラブを購入するときは雑誌やテレビを見て
お気に入りのプロゴルファーが使っている
自分の気に入ったクラブを大型のゴルフショップなど
に出向いて試打をするのが一般的です。

そこでシミュレーションゴルフなどの解析器で
飛距離やキャリーや打ち出し角・スピン量など
数字を見ながら自分に合ったクラブを探そうとしますね。

店によったら店員さんが最新のクラブを
持ってきてこれがおすすめですと言われてから
決める人もいます。

しかし、それは合っていない可能性が高いです。
初心者ゴルファーが自分のスペックを見つけるのは
とても難しく打ち易さだけで決める人がほとんどですが
フィーリングだけで自分に合っているクラブを
見つけるのはなかなか難しく、


例えばドライバーを購入するつもりで
大型のショップで試打して最新クラブを打つと、

とても打ち易くビュンビュンと振れて弾道測定器等でも
飛距離も球の打ち出し角度も良くてこのクラブ最高!!
とその時、衝動買いしてしまうこともあります。

しかしそのまま打ちっぱなし場に行って
球を打ち始めると最初はよく振れて楽に飛距離もでて
方向もバッチリだったのに
球数を打っていけばいくほど球が左右に散り始めだし
そのうち芯に当たらなくなってしまい、
休憩がてらに他のクラブを打っても安定しなくなったと
言う人も少なくないのでありませんか?

それは何故?かと言うと
アンダースペック症候群
と言って自分の本来使うべきスペックより
下のスペックを使うことが原因です。


アンダースペック症候群というのは
自分に合っていないバランスのスペックで

クラブ自体が軽くてシャフトも柔らかく
さらにクラブバランスも軽いし重量も軽いので
最初打つととても打ちやすくてビュンビュン振れて

ヘッドスピードも上がりボールも
楽に飛んで飛距離も今までよりも出ます。

しかしビュンビュン振れるということは軽いクラブなので
大きい筋肉を使わずに手打ちになりやすく
振り続けるとそのスペックに慣れてしまい
理想のスイングからどんどん離れていきます。

最終的にはスイングが崩壊して迷路に落ち入り
ゴルフが面白くなっていきます。

また逆にオーバースペックというのもあり、
これはアンダースペックとは逆で
クラブが重い・シャフトが固い物を使うので
スイング中に力みやすく体には負担が掛かり
ケガをする場合もあります。

わかりやすく言うと小さい子供が
大人のクラブを使うようなものです。。。

オーバースペックとは本来のスペックより重さや
固さが合っていないので常に体を目一杯動かして
フルスイングで打たないと重くて振り切れません。
これが原因でケガもするしスイング自体壊れます。

これは中級者の方に多いのですが、
これはアンダースペックを選ぶ人とは違い、
ある程度ゴルフの知識があるので

ヘッドスピードや打ち出し角などを重視して選ぶのですが、
情報が雑誌やインターネットなので偏った知識で

自分はこれくらい飛ぶのだからとプロや上級者の
セッティングをまねてクラブを決めるひとが多いです。

また中級者の場合、
ある程度のスコアーで回れるし、

ラウンドをこなせるので自分自身の事を
過大評価しすぎる面があります。

よくあるのが自分のMAXの飛距離が
平均飛距離と思っている事です。

ここ1発で会心の一発での距離は
はっきり言ってまぐれです。

全クラブに共通するのですが目一杯振らないで
80~90%の力で振って自分の平均飛距離を
打てるようにしないといけません。

また自分の飛距離やスピードや打ち出しなど
数字を調べる時も連続して打ち込むのではなく
アイアンやウッド類も打ちながら自分の平均を調べてください。

もう一つデーター等を調べる時、
気を付けて欲しいのが大型のゴルフショップで打つときです。
大きいショップ等にある計測器ですが、
実は簡単に設定が変えれます。
だから測定器で出た数字は
実際の飛距離より大分違うときもあります。

ということはいつもより難しめのクラブで打っても
数字上ではボールはよく飛んでランもでて
曲がりも少ないとデーター上は出せます。
(※全ショップではありませんが)

そのまま打ちっぱなし場で打つとオーバースペックのクラブは
思い切り100%の力で体を使って振り回さないと振れませんので
徐々にスイングが荒れて最後は
スイングがバラバラになります。

上記のように合っていないクラブで
練習して上達するのが遅れるだけなので
未経験者や初心者でもフィッティングは受けた方が絶対にいいです。

どんな店でフィッティングはどこでするべきか

フィッティングは
どんな店でするのがベストなのか?

フィッティングしてくれるショップは
たくさんあります。

そのほとんどショップ弾道測定器等を使って
フィッティングしていくのですが、
ここに大きな問題があります。

数字上でクラブを選んでいくと一見、
理に適って自分の最適なクラブを選べると
お思いの方が多いとほとんどだと思います。

プロゴルファーやトップアマの選手なら
それで全然問題ありません。
逆にトラックマンフライトスコープ
などの精密な弾道測定器を使ってないとクラブを選べません。

プロはフィーリングと実際の打ち易さとデーターを
見ながら自分に最適なクラブを見つけます。

しかし発展途上のアマチュアの人には当てはまりません。
そもそもスイングが出来ていないので
そのまま機器等を使ってフィッティングすると
その日の調子に合ったクラブを選んでしまいます。

例えば、その日スライスが多かったとします。
なら少しグースの入った良く捕まって柔らかいシャフトで
左に行きやすいクラブを試打したとしましょう


データー上では
球も真っすぐ飛んで飛距離も出たので
満足して購入!で正解!!

と思いますがこれが最悪なフィッティングで
それはその日たまたま当たっただけで
それが永久にその人に合ったクラブではありません。

皆さん考えてみてください!
今のフィッティングする前のクラブでも

ナイスショットする事はないですか?

そのナイスショットは長続きますか?

しないですよね!

フィッティングしたからと言ってゴルフが
急に上手くなるわけではありません。

たまたまその日はそのクラブでいい当たりが
出ているだけであり、
決して上手になったわけではありません!

あくまでフィッティングの基本は
その人に合っているクラブを選ぶことであり、
曲がらないクラブを選ぶものではありません。

いいスイングをするためにその人に合ったクラブを
見つける事が本来の目的です。

自分に合ったクラブで練習して上達できる
クラブを選べば、あとは何も迷わず
練習を積み重ねていけば上達できます。

どこでフィッティングするのがベストなのか

もしあなたがレッスンを受けているなら
そのコーチに相談するのが一番いいです!

なぜ、レッスンを受けているコーチに相談するのがいい
と言えばそのコーチはあなたのスイングを作るコーチであり、
あなたの目指すスイングを作っていくコーチです。

コーチと生徒さんの関係は自分がこの先、
どんなゴルファーになりたいとかどんなスイングを
目指したいとか色々と相談していると思います。

なので信頼できるコーチがいれば
迷わすコーチに相談して下さい。

しかしフィッティングに精通しているコーチは
あまりいないのが現状です。
スイングは見れるけどフィッティングは
得意でないコーチもいます。

もしコーチにクラブ選びの相談を持ち掛けて
適当な答えが返ってきたらそのコーチには
絶対に頼まないようにしてください。

初心者でも未経験者でもフィッティングは
ある程度時間がかかります。

スイングを見ただけではわからないのです。
未経験者だから初心者用のクラブで十分とか、
力がありヘッドスピードが速そうだから

これくらいのスペックが合っています
とかは見ただけでは絶対にわかりません。

ヒヤリングしながらこの先どうなりたいのとか
練習の頻度を聞きながら
未来を見据えてクラブをフィッティングします。

以前、ある生徒さんに聞いた事があるのですが、
あるゴルフスクールでは生徒さん全員同じクラブと同じシャフトを
使っていたらしく、何故、そのクラブを選んだのですか?
と尋ねると、そこのコーチに勧められたから
このシャフトとクラブを使ってますとの答え!

ヘッドスピードやキックポイントの位置、
重量などは人それぞれ違うのにみんな一緒のシャフトは
絶対にありえません。

では何故、みんなに同じシャフト勧めたのかを聞くと
当時そのシャフトメーカーがキャンペンをやっていて
同じシャフトを数本買えば1本無料だだったので
キャンペン期間はみんなに同じシャフトを
勧めていたとのこと・・・!

結局その生徒さんはスイングもおかしくなり
そのコーチを信じられなくなりそのスクールをやめました。。。

結論!

もし現在スクールに通っていればそこのコーチに選んでもらうか、
もしコーチがフィッティング出来なければ
信頼できるショップ等を紹介して貰うのが一番です。

人任せではなくご自身でも勉強して
納得してクラブは購入しましょう!

フィッティングを避けた方がいいショップ



★ヘッドスピード上げることを強調するところ

例)あなたは力がありそうなのでこれくらいの
固さと重さのシャフトが合いますよ~と
言ってかなりハードな物を進めてくる人、
根拠のない事を言う所でフィッティングはしてはいけません。

★フィッティング中にコーチでもないのにレッスンする
人がいますがそのようなショップではフィッティングは避けましょう!

★機器等を使って数字だけでクラブを進める所は要注意です。
例)スライスするからつかまりやすい物を選ぶとか・
ヘッドスピードを上げる為だけのフィッティングをする。

フィッティングはその人のスイングの邪魔にならないように
するのがベストなので、
数字だけで選ぶるなら素人でもできます。

このクラブの方がよく飛ばせるとか、
このヘッドの方がスライスしにくいとかではなくて、

あくまでそのクラブで練習すれば上達できる物を
選ぶのが正しいフィッティングです。

まとめ
初心者ゴルファーがフィッティングする場合

  •   ゴルフクラブのフィッティングをする前に大事なことは?

まず自分のレベルを知る

  • 初心者でもフィッティングはした方がいいのかな?

最短で上手くなりたいならやるべき

  • どこでフィッティングするのがいいのか?

レッスンを通っているならコーチに聞く・信頼できるショップを探す

フィッティングは目先ではなく未来を見据えてクラブを選びましょう♪

会員様にはSTEPBYSTEPゴルフスクール内で
フィッティングもしているのでお気軽にご相談ください。

ゴルフクラブのフィッティング②に続く

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。