なぜトップするのかな?

なぜトップするのかな?

皆様、トップが出てチョロがでて困っていませんか?

トップしてしまうとドライバーやアイアンではチョロがでて
全然飛ばないでグリーン手前の池やバンカーに吸い込まれたり

逆にアプローチの時は飛びすぎてしまい
グリーンを行ったり来たりと往復して
困ってしまった経験は無いでしょうか?

ではなぜトップするのか、
どうすればトップがなくなるのか?
どんな練習をすれば良いの?

トップってどういう状況?

トップ防止

ボールの上を叩いてしまうのがトップです。

トップとはクラブフェースの刃の部分である、
リーディングエッジでボール上側を叩いてしまうことを言います。

なぜトップするの?

トップの原因

●インパクトでヘッドアップしている


●うち急いでトップする

●インパクトで伸び上がっている

● ターゲット方向にスエーしてしまう
(流れてしまう)

● バックスイングで伸びあがっている

● インパクトで両肘が曲がっている

● インパクトでかかとが浮き上がっている

● インパクトで手元が浮いている

● インパクトで体重が右足に残っている

● インパクトで前傾角度が保てていない

この上記のどれかが原因でトップが出ています。

どうすればトップしないのかな?

まず正しい最下点を覚える

アイアンショットの正しい軌道

トップはダフりと同じようにゴルフクラブの
最下点の認識の違いから起こります。

上記ように
アイアンショットでのゴルフクラブの
最下点はボールより左側になります。

プロの試合を見ていただくとわかると思いますが、
正しいショットが打てればボールの左側の芝が薄く取れます。

ダフりの回で説明した通り
なぜダフルのかな?
ゴルフクラブがボールに当たってから地面に当たるの正解です。

まず正しいクラブの最下点を覚えて
ナイスショットが出るように練習してください。

[su_note]トップする原因の画像[/su_note]

ここではタイプ別にトップの修正方法をお伝えします

[su_label type=”info” class=”.box8 { padding: 5em 5em; margin: 2em 0; color: #232323; background: #fff8e8; border-left: solid 10px #ffc06e; } .box8 p { margin: 0; padding: 0; }”]トップの原因1[/su_label]

ゴルフでトップする原因1

トップの原因1
★フィニッシュで体重が右足に残っている。

このタイプのトップはインパクトで球を
無意識に球を打ち上げようとしてトップしています。

上記の方のようにインパクトでアドレス時よりも
体が右に残っているのがわかると思いますが、

切り返し直後に体を右に傾いてしまい
そしてインパクトで体重が残っています。

このタイプのトップの修正方法は
下記の画像のように練習してください。

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

ゴルフでトップする原因7

上記の方のようにインパクトするには切り返し直後に
左肩と左腰を同時に真左に移動させる意識で
インパクトしてください。

まずは素振りでボールを打たないでいいので
ゆっくり左腰と左肩を同時に真左に移動させながら
インパクトでは左足に体重が乗っていることを
確認しながらやって下さい。

その時に頭が動いてもあまり気にしなくていいので
まずインパクトの形を徹底体に覚えこませます。

それからハーフショットで球を打ちながら
徐々にスイングを大きくしてください。
(映像見ながらスイング修正することをお勧めします。)

ゴルフでトップする原因9

↑   ↑   ↑   ↑   ↑
ゴルフスイング修正してから2週間後ですが
インパクトで少し左に体重が乗ってきてトップが減ったようです!

[su_label type=”info” class=”.box8 { padding: 5em 5em; margin: 2em 0; color: #232323; background: #fff8e8; border-left: solid 10px #ffc06e; } .box8 p { margin: 0; padding: 0; }”]トップの原因2[/su_label]

ゴルフでトップする原因2

● バックスイングで伸びあがっている

上記の人のようにバックスイングでこれだけ頭が動くと
ゴルフクラブにボールを当てること難しいと思います。

なのでバックスイングで顔や腰が浮き上がっている方は
スイング中に出来るだけ下半身
(腰を動かさない意識)
を動かさないようにするとトップが少なくなります。

[su_label type=”info” class=”.box8 { padding: 5em 5em; margin: 2em 0; color: #232323; background: #fff8e8; border-left: solid 10px #ffc06e; } .box8 p { margin: 0; padding: 0; }”]トップの原因3[/su_label]

ゴルフでトップする原因5

トップの原因3

● インパクトで手元が浮いている

上記の方のようにインパクトで手元が浮いて
トップする人は多いと思います。

なぜインパクトで手元が浮くのかと言えばクラブでボールを
すくい上げようと手打ちしているからです。

ゴルフでトップする原因8

このタイプでトップしている人はスイング中手元が
浮かないようにアドレスで作った腕と
クラブの角度を変えないように意識して下さい。

先程の画像のようにインパクトで下半身が全く動いていないので
インパクトでは腰が目標方向に向くようにします。

[su_label type=”info” class=”.box8 { padding: 5em 5em; margin: 2em 0; color: #232323; background: #fff8e8; border-left: solid 10px #ffc06e; } .box8 p { margin: 0; padding: 0; }”]トップの原因 4[/su_label]

ゴルフでトップする原因4

● インパクトでかかとが浮き上がっている

上記の方よう
インパクトで左かかとが浮き上がって
トップしている方も多いです。

このタイプでトップしている方は
アドレス時に左のかかとにハンカチ等の
柔らかい物を踏んでスイングしてください。

踏みながらスイングするとインパクトで伸び上がって
左かかとが浮き上がた時、
すぐ気づくはずです。

スイング中かかとにハンカチ踏んでいると
かなり違和感があります。

もしインパクトでかかとが浮くとその違和感がなくなるので
かかとが浮いていることに気づきます。

スイング中絶対にかかとを浮かさないような
意識で練習してください。
一度試してください。

[su_label type=”info” class=”.box8 { padding: 5em 5em; margin: 2em 0; color: #232323; background: #fff8e8; border-left: solid 10px #ffc06e; } .box8 p { margin: 0; padding: 0; }”]トップの原因5[/su_label]

ゴルフでトップする原因6

● インパクトで前傾角度が保てていない

上記の方のスイングを見て欲しいのですが
左のアドレス時と右側のインパクトの時の前傾角度が違います。

スイング中にアドレス時の前傾角度が変わってしまうと
ボールとクラブのの距離が変わってしまいトップが出ます。

このタイプでトップが出ている方は
まずアドレスの時しっかり腰を反ります。

そしてスイング中に首の付け根を出来るだけ
動かさない意識でスイングしてください。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

トップが止まらない人で
上記のどのタイプでトップしているのかを
見つけることが一番大事です。

原因がわからないと対処療法しか出来ないので
いつまでたってもトップが止まりません。

スマホやビデオなどでご自身のスイングを取りながら
ご自身の悪い所を見つけてそれに合った
ドリルや修正方法で効率よく練習してください。

それでもトップが止まらない方は大阪や関西圏に住んでいるなら
STEPBYSTEPゴルフスクール大阪
にレッスンに来てください。
すぐに治します。

今のスイングを解析してトップの原因を探して
その症状に合わせた正しい打ち方をお伝えします。

やみくもに打っても迷路に入るだけなのでなるべく早くトップする原因を探して下さい

トップ防止のレッスン

アイアンでのトップの症状別ドリル

|インパクトでヘッドアップしている|

ボールの行き先を見たくてインパクト前に
目標方向をみてしまいトップしています。

この場合、ヘッドアップしないようにボールを打った後も
元の場所から目を離さないでスイングしましょう

アイアンのトップ防止ドリル

ヘッドアップ防止のドリルですが
写真のように
マットにマジックで印を付けて
その上にボールを置いてそのままスイングします。

ボールを打ち終わってから先ほど書いた印を見るように
するとヘッドアップは無くなります。

トップボール防止

|インパクトで伸び上がっている|

インパクトで伸びがって前傾角度が変わり
ボールと体とボールの距離が離れてしまってトップします。

そんな方はアドレスで作った
前傾角度を変えないようにして下さい。

スイングを後方から見ると正しいインパクトでは、
右肩はアドレスの時よりも下がります。

前傾角度が変わってトップしている方は
インパクトで右肩を下げながら回転して下さい。
※(右肩が下がるのは目標方向にに対してです。

|インパクトで体重が右足に残っている|

インパクトで正しい体重移動が出来なくて
クラブが地面に届かないでトップしている。

そんな方は右足を1歩目標方向へ
出す練習をして下さい。

まずは素振りから始めてくださいね!
普通にスタンスを取っていただいて普段通りスイングします。

フォロースルーで目標方向へ
歩くように右足を1歩出して下さい。

普段右足に体重が残っている方は結構きついと思いますが
続けていくと慣れてきますよ

| ターゲット方向にスエーしてしまう(流れてしまう)|

ボールを強く叩こうとしたり遠くへ飛ばそうとして
力んで体ごとがターゲット方向に
スエー(左に流れてしまう)
ボールの上を叩いている。

スエー防止ドリル
鏡にご自身の顔だけが写るように
アドレスしてスイング中、鏡から顔がはみ出ないように
スイングして下さい。

どんな練習をすればいいのかな?

アイアンショットでのトップ防止の練習方法

アイアンドリル

アイアンドリル
ボールとガムテープを一緒に打つ感じ
でスイングしましょう!

クラブにガムテープが引っ付いたらOKです。

トップが止まらない人は素振りでガムテープが
剥がれるまで素振りしてください。

単純なドリルですが効果ぜつだいなので
トップが止まらない方はお試し下さい.。

STEPBYSTEPゴルフスクールなら
ゴルフが上達することをお約束します。

お気軽にお問合せください
TEL : 080-7079-2716

STEPBYSTEPゴルフスクールは北浜駅・堺筋本町駅・徒歩3分 淀屋橋駅・本町駅8分の場所にある インドアゴルフスクールです。 悩めるゴルファーに向けて有益な情報を発信しております。 私の信条は妄想レッスンをしない事です! 論理的かつ分かり易く最新機器を使ってレッスンしております。 最短で上手くなる方法を日々考えて生徒様にお伝えしております。