ホントに上手くなりたいゴルファーが集まる梅田・肥後橋・堀江・谷町4からも通えるSTEPBYSTEPゴルフスクールが教える/スライスを修正して飛距離をアップさせる方法とは?

 

スライスを止める方法と!

ボールがスライスして飛距離が全然でない・・!

そんな悩みを持っている人とは多いのではないでしょうか?

 

スライスする原因の一つにカット軌道になり

アウトサイドインになってボールのスライス回転がかかりスライス(右へ曲がる)

してボールが右に曲がります。

スライス回転だと飛距離を出すことが出来なくなります。

ここではそのアウトサイドからクラブが下りないようにする方法を画像付きでお伝えします。

 

スライスを修正して飛距離をアップさせるドリル

スライスを止めるのはアウトインの軌道ではなくインサイドからクラブが下りてこなければなりません

しかしどのような練習をすればアウトインの軌道ではなくインサイドクラブが下りてくるのかをわからない人のために

ドリルをご紹介します。

 

 

スライスの防止方法

 

 

 

上の図のようにガムテープを使ってのドリルです。

 

まずインから下ろすための目印を張ります。

少しインから下りてくるように緩やかなカーブを付けてガムテープを張ってください。

次に

スライス防止方法

上記のようにガムテープをで3cmくらいの高さの山を作って張ります。

スライス防止・カット軌道にならない

 

後ろから見るとこんな感じです。

これでセットアップは完了です。
スイングする時に2か所の山に当たらないように振れればクラブはインサイドから下りて来ます
ダウンスイングで2か所のガムテープの山のどちらかに当たる
もしくは2つとも当たる場合はクラブの軌道がアウトインの軌道になり
スライス回転の球になってしまいます。
スライス防止方法
両方の山に当たらないようにしてください
ここに当たるとスライスする
 特に上図の右側にある山に当たる場合はアウトインの度合いが強いので
スライスの度合いもキツクなり飛距離も出ません。
もしフルショットで当たるようならハーフショットから始めてください。
ガムテープの山に当たらなくなるまで小さいスイングで始めてください。
これは素振りでも効果はありますので繰り返し
ガムテープの山に当たらないようにスイングしてください。
インサイドからクラブが下りてくるようになるまで頑張ってください。
両方のガムテープの山に当たらなければスライスが減りその結果
飛距離アップが期待できます。
誰でも出来るので
スライスでお困りの方は一度、試してください。
きっとスライスが減り飛距離アップ出来ますよ!
—————————————————–

 

 

 

 

初心者ゴルファーにおすすめの関連記事
初心者ゴルファー準備編

 

初心者ゴルファールール・マナー編

 

 

初心者ゴルファー実践編

 

初心者ゴルファーのWHAT ?

大阪のゴルフスクールが初心者さんの為のお役立ち方法を書いています

 大阪市内初心者ゴルファー初コンペ初ラウンドでどうしても迷惑をかけれない方はデビュー前にラウンドレッスンおすすめします
↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    

ラウンドレッスン大阪

大阪市内のゴルフ初心者・未経験者でゴルフが上達したい方は一度、体験レッスンをご受講されることをおすすめします。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

初心者、未経験者専用のstepbystepゴルフスクール堺筋本町駅・北浜駅・御堂筋線淀屋橋駅・御堂筋線本町駅近く

〒541-0047

大阪市中央区淡路町2丁目1−1堺筋千島ビル 2F

ご予約、お問い合わせは TEL:080-7079-2716

営業時間:平日10:30~21:30(最終受付21:00まで)

土曜日・祝:10:30〜19:00(最終受付18:30まで)

定休日

日曜日
(コンペ・ラウンドレッスン開催のため)

※営業時間外は応相談。お気軽にお問い合わせ下さい。

初心者ゴルファーのぎもんに戻る