ユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaru ゴルフ スイングトレーナー 計測器 YUPITERU ATLAS GST5 – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ゴルフレッスン

本日お客様が持ってきてくれたのが
ユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaru という計測器

ユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaru

STEPBYSTEPゴルフスクール内SKYTRAK

これで何がわかるのかというと「ヘッドスピード」「ボールスピード」「ミート率」「推定飛距離」がわかります。

当スクールで使っているSKYTRAKはボールの飛び出し角と初速・ボールスピンから飛距離やボールの曲がり具合を割り出します

今回使ったユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaruはゴルフクラブにモーションセンサーを装着してクラブの挙動からボールの飛距離や曲がりを計測します。

計測方法が違うのでどんな結果になるかを単純にSKYTRAKと打ち比べてみたらほぼ同じような数値がアイアンでは出ていました。

時間がなくてドライバーが出来なったのでまた次回報告しますが結構使えると思います。

SKYTRAKは打ったボールがどの方向に飛んでいるかまたは曲がっているかをボール自体で計測しているので打ちっぱなし場で打ってもほぼ同じ結果が出ます。

それに比べてユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaruクラブが動きを計算して数値を算出するのでボールの曲がりはわからないですけどヘッドスピード・ボールスピン推定飛距離がわかります。

その他、色々なモードがありスイング軌道を3Dアニメーション表示することができます。
スイング軌道は4方向から見れます「正面・後方・上面/・正面」から確認することができます

またフェース軌跡も確認することができるので。インパクト時にフェース面がは開いているのかまたは閉じているのかを視覚的に確認できます。ロフト角も確認できるので目で見てわかりやすいです。
 
このユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaruとSKYTRAKを両方使いながらゴルフクラブをフィッティングすると良いデーターが取れそうですね!

ユピテル アトラス GST-5 Arc nobmaruをセッティングするのにはご自身の持っているクラブの各番手ごと1本づつ本体に覚えこませないといけないので最初は大変ですが1回セッティングすると本体が記憶しているので後はモーションセンサーをクラブに装着するだけです。

少し面倒くさいですが、その分正確ななので仕方ないと思います

GST-5 Arc nobmaru
ボールの飛球線の真後ろ1メートルから1,5メートルの所に本体を置きます。
GST-5 Arc nobmaru
こんな感じでモーションセンサーをゴルフクラブに装着します。
GST-5 Arc nobmaru

スイング軌道表示でフォームを確認すると3Dでスイング軌道が表示されます。
スクールでレッスンしている方ならいつも使っているC-SWINGでご自身のスイングを見たことがあるのでいつでも簡易的に見れるのでセルフで練習する時にいいかもです。


メッセージを入力