ドライバーでテンプラの修正法 – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ドライバー

ドライバーでテンプラがでる方はクラブの

入射角度が鋭角になっているからです。

ボールがフェース面に当たらずにクラブヘッドの上の部分に

当たってしまうか、フェースのさらに上のクラウンで打ってしまい

クラブのヘッドがボールの下をくぐってテンプラになります。

なぜ入射角度が鋭角になるかと言うと

体が目標方向へ突っ込んでしまっているからです

ボールを強く叩こうとして体の軸が動いてしまい

クラブが外から降りてきて入射角度が鋭角になるのです。

特にスライスの多い方が自分でスライスを修正しようとして

クラブフェースをクローズにしすぎて出ることもあります。

テンプラが出るときは次の事を意識してください

首の付け根と尾てい骨を軸にして、スイングする時

この軸を左右にで来るだけ動かさないように意識して下さい。

下半身はしっかり安定させて、体の回転でスイングしましょう

軸が動かなければ軌道は安定します。

次にティーの高さです。ティーが高すぎるとテンプラが出やすいので

低くすることでフェース面でボールを捉えられます。

ボールの位置も重要です。ボールの位置が

右足寄りに置いてるとクラブが上から入りやすくなります。

ドライバーのボールに位置は左足カカト線上の前です。

そうすることでボールの最下点をすぎてからボールを捉えれます

この意識で練習頑張ってください

ドライバーでテンプラの修正法


メッセージを入力