左足下がり – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ゴルフレッスン

左足下がりの傾斜で気をつけることは

左足体重で傾斜なりに構える事です。

どうしても下半身を安定させようとして

右足体重になってしまいます。

左足下がりの傾斜はボールの手前の地面が高いので

とてもダフりやすくなります。右足体重の構えだと

手前の地面叩いてダフってしまうので

左足下がりでは傾斜なりに構えます。

両骨盤の高さを傾斜に沿って平行に構えて下さい

そうすると自然と左足体重になります。

左足体重になる分軽く膝を曲げて下さい

アドレスで作った下半身の形をキープしたままスイングします。

バックスイングでは絶対に右足に体重移動しないよう気を付けます

(両膝の高さを変えないように左足体重のままインパクトまでキープします)ビックリマーク

アドレスでボールの位置は通常より1つボールを右足寄りに置いて下さい。

傾斜地では体の軸がとてもぶれやすいので

大振りは避け、コンパクトにスイングすることが大切です。

左足下がりは傾斜に沿ってスイングすると球が低くなるので、

手前から転がす位の気持ちでスイングしましょう。

左足下がり

>http://blog.with2.net/link.php?1344628

/image.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1214_1.gifhttp://blog.with2.net/link.php?1344628:1214
ゴルフ ブログランキングへ


メッセージを入力