傾斜地 – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ゴルフレッスン

傾斜地からのショットは皆さん苦労してるのではないですかはてなマーク

コースに出ると平らな所から打てる事はなかなかありません

様々なシチュエーションに
あわせたショットが打てるようにならないと

スコアーアップには繋がりません。

いつものようにスイングしてしまうと様々なミスが誘発されまいす。

傾斜別の打ち方を知っているとミスが少なくなります。

まずはつま先上がりの傾斜地での心構えです

つま先上がりでは、平らなライよりもボールの位置が高くなります。

ですからアドレスの時グリップを少し短く持ちます。

アドレスすると体重カカトよりになりやすいので

つま先に体重が掛かるよう意識してください

カカト体重になるとスイング中に体が仰け反ってしまいボールから離れてしまい

ミスショットがしやすくなるので注意しましょう

スイング中は下半身をなるべく動かさないようにして

上半身だけでスイングするイメージで打ってください

下半身が動きすぎてしまうとスイングがバラバラになってしまうので

傾斜地では特に気を付けて下さい

バックスイングではカカト体重にならないようにして

下半身を動かさないようにするとトップがコンパクトになりますが

全く問題ありません。

スイング中はインパクトまで前傾角度が変わらないように気を付けて下さい。

傾斜地では大振りしないよういつもよりコンパクトになるよう心掛けましょう。

またクラブを短く握ってスイングをコンパクトにすると距離が落ちるので

1番手大きいクラブを選んで下さい

このようなつま先上がりのライで普通に打てばフックボールが出ます。

なぜフックするのかと言うとクラブヘッドにはロフト角があるからです。

クラブをいつものように構えるとロフトが目標方向の対して

真っ直ぐ向いていますが、クラブを例えば垂直に構えると

フェース面は左に向きます。

なのでつま先上がりではターゲットの少し右を狙って下さい。

傾斜の角度がきつくなればなるほどボールの曲がりも強くなります。

傾斜地


メッセージを入力