オーバースイング – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ゴルフレッスン

バックスイングが大きくなる方のほとんどが

体の捻転を大きくしようとして右膝や右腰が伸び上がっています

その結果リバースビポットになったり軸がずれたりします

腰が右に流れるとパワーも失われてせっかく捻転が意味がなくなり

飛距離も出ませんしインパクトも安定しません。

なぜバックスイングが大きくなるのかと言うと

手先でクラブを上げるからです。

クラブのヘッドを大きく動かそうとしてそれに釣られて体も流れてしまっています。

バックスイングでは手先をあまり使わないようにし

肩の回転で上げて行くようにします。

肩の回転でバックスイングするとヘッドの起動は

飛球線に対してインサイドに上がっていきます。

その時腰の回転に気を付けてください

腰も回してしまうと捻転が生まれません

なるべく腰を回さないようにして肩だけ回転します。

体重移動もしないでアドレスの位置から肩だけを回します。

多分、バックスイングが大きい人はハーフスイング位しか

上がってないように感じるはずです

腰と肩の捻転差がパワーになるのでバックスイングは

苦しくて当たり前です。

続けていくと慣れてくるので頑張ってくださいビックリマーク

オーバースイング


メッセージを入力