打ったボールが変な場所に止まった時

ペナルティになるのかな?
s_排水口

変な場所とは「カート道・排水口・修理地など」「異常なグラウンド」

と判断できる場所にボールが止まった時
自然にあるものでなく人工的な障害物のことです。

その時はペナルティーなく無罰で打ち直すことが出来ます
「ニアレスポイント」という基準点を決めてそこからグリーン上の反対側にクラブ1本を半径がドロップエリアとなります。

ちょっと難しいので画像で解説します。
(1回覚えてしまうと簡単なのでよく見て下さい)

ニアレスポイントの取り方

ニアレスポイントとは

(1)現在あるボールの位置に最も近い地点であること
(2)ボールのある位置よりグリーンに近づかない地点
(3)その障害を完全に避けて「打てる場所)ストロークできる地点

画像例の場合、ボールに近い右側は、障害を避けてスタンスをとると、更に右寄り(B地点)となって遠ざかってしまいます。
従って、ボールがある位置に最も近い、左側(A地点)が、ニアレストポイントとなります。

次にニアレスポイントが決まったら、(ニアレストポイント)にマーカー(ティーペグなど)を置いてマークして下さい(※必ずマークして下さい)

次にドロップエリアにドロップしますがニアレスポイント(画像A)のマーカーを基準に1クラブレングス(ゴルフクラブ1本の長さの事)以内でグリーンにに近づかないように肩の高さに腕を真っ直ぐ地面に平行になるようにしてそこからボールを落とします。

その落ちて転がって止まった場所からプレーします。
(ドロップしてグリーンに近づいたり2クラブレングス以上離れてしまうともう一回やり直します)

二度目にドロップしても2クラブレングス以上やグリーンに近づいてしまった時は、二度目に落としたところにボールを置いて(手で置いていいです)、プレーします。

文章で見ると難しく感じると思いますが一回わかると簡単なので覚えて下さい

ゴルフをやっていると必ずこの場面がきますのでしっかり把握しておきましょう

大阪インドアゴルフレッスン会員制のstepbystepゴルフスクール堺筋本町駅・北浜駅・御堂筋線淀屋橋駅・御堂筋線本町駅近く

〒541-0047

大阪市中央区淡路町2丁目1−1堺筋千島ビル 2F

ご予約、お問い合わせは TEL:080-7079-2716

体験してみる!

初心者さんのためのゴルフルールに戻る

a:393 t:2 y:0