ゴルフマナー

ゴルフ初心者が犯しやすいゴルフマナー集です

ゴルフマナー・エチケット

ゴルフはエチケット・マナーを大切にする大人のスポーツと言われます。

周囲の人に迷惑をかけないように気を配りましょう。

ティーグランドでのマナー

① スタート前の10分位前には集まるようにしましょう

よくギリギリに来て慌ててティーショットしてミスする人を見かけます。

早めに来て順番を決めてストレッチなどしてウォーミングアップして下さい

②ティーショット前の人の真後ろにに立たない事と大きい声で話さないようにして下さい。
人が打つ前はあまり動かずに静かにしましょう。

③素振りする時は必ず周りを気を付ける事
よく人に向かって素振りをしている人を見かけます。

 
④前の組み位置を確認をしっかりしてからティーショットしましょう

ゴルフ場が混んでて流れが悪いからといって絶対に打ち込んではいけません。
必ず前の組みが十分に進行したことを確認してから打って下さい。

⑤ティーとボールを2個以上用意しましょう

自分のボールがどのメーカーか確認しておきましょう。何かボールに印を付けると誤球の心配もなくなります。

特に朝1番のティーグランドではOBしても慌てないようにしっかり準備をしましょう。

ゴルフの素振りのマナー

ゴルフの素振りのマナーですがウォーミングアップで素振りをする場合に絶対に人がいる方向へは素振りをしてはいけません。

よく周りを見て十分に危険がないように素振りして下さい。かなりのベテランゴルファーの方にもお見かけしますので必ず人に向かって素振りはしないで下さい。

フェアーウェイでのマナー

①セカンドショットの時はある程度距離を考えてから初心者は一本では無く、数本クラブを持ってから、ボールの位置まで行きましょう。

ボールの位置を確認してからまたカートに取りに行ってると時間のロスになります。

特にセルフプレーの時は一人一人の意識が大事です。前の組みに離されないように気をつけそして同伴競技者を待たせないようにしましょう・

②芝(ターフ)やディボットは元へ戻す事

ショットにより削り取られた芝(ターフ)は、必ず元に戻してあげて下さい。目土をする事で芝を保護する事ができるのでディボットを作った場合は必ず目土をしましょう。

③グリーンが近づいたらパターを持っていきましょう

グリーンが近づいてきて次のショットの為にクラブを取りに行くときついでにパターを持っていきましょう。もしグリーンオンしたなら他の人のパターも持って行くように心掛けましょう

バンカーでのマナー

①バンカーに入る時は、レーキを持って土手の一番低い場所から入る事を心がけておきましょう。

ボールに土手の高い所から入っている人をよく見かけます。高い所から入るとバンカーの土手の砂が崩れてしまうので注意して下さい。

土手が低くくてボールに一番近い所から入って行きましょう

②バンカーに入った後は必ずレーキで平らに均すようにしましょう。

次に入ったプレーヤーの為に均して元の状態に戻しましょう。

もし均していない所にボールがいくとバンカーショットの難易度が上がります。次の人に迷惑がかかるのでご自身で必ず均してください

③レーキを持ってバンカー内に入って下さい。
 
よくバンカーショットしてからレーキを取りに行く人見かけます。打つ前にレーキをバンカー内に置いてもペナルティになりませんので一緒にレーキを持っていって下さい。(ミスショットしてもボールが戻って来ても当たらない所に置いて下さい)

それだけで時間に余裕が出来てきれいにバンカーを均せます。

グリーン上でのマナー

①グリーン上は走らない

グリーンはデリケートで非常に傷付きやすいので走ってスパイクの跡がいかないよう気を付けてください。

②ボールをマークしよう

他人の邪魔になりそうな場合はすぐにボールをマークして下さい。

③他人のラインの上を踏まないよう気を付けましょう

これだけは絶対にしてはいけません。

④カップの一番近くにボールをオンさせた人が抜きましょう

抜いたピンは、グリーンの外に置くのが基本ですが、グリーンのエッジまでが遠く、やむを得ずグリーンに置く場合はそっと置いて下さい。

⑤ピッチマークを直す事

ご自身で作ったピッチマークは必ず直して下さい。ピッチマークはすぐに直さないとそこから芝がはげてきますので素早く直して下さい

グリーンフォークの使い方ですがピッチマークの周囲3〜4ヶ所の芝をボールマークの方向へ寄せるように穴を埋めて戻します

よく勘違いするのが、「持ち上げるとかすくい上げる」ような使い方をしている方が居ますがそうすると芝の根が離れてしまいそこから芝がはげてくるので間違いのないようにしましょう。

それからパターのソールを使って均して下さい

時間があれば他のピッチマークも積極的直しましょう

⑥グリーン上でスコアカードは記入しない
 
忘れないうちにスコアーをみんなに聞いて回ってグリーン上で立ち止まっている記入しがちですが後続プレーヤーに迷惑がかかるので

記入するのは次のティーグラウンドに着いてからにしましょう。

⑦パッティングライン上のスパイク後を直してはイケません

よくあるので注意です。よくカップ周りでスパイク後があることが多いのですがそれは誰かがカップインしたボールを拾い上げる時に残したものでそれを直さないで次のホールに向かってしまったからです。
それを後のプレーヤーが修正するとペナルティーなるのでボールを拾い上げる時にはカップ周りを踏まないように気を付けましょう

もし付けてしまったらその組のホールアウト後に修正しましょう

⑧風でグリーン上のボールが動いた時はペナルティー無しで元の場所に戻して打つことができます。
(マークをした後で風で動いてしまった場合)
※必ず元の場所に戻して打って下さい。じゃないとペナルティーになります。

パットをする時のマナー

ゴルフでは、同伴競技者がパットを打つときに、その人のラインの前や後ろに立たないように気をつけましょう。特に影がかかる場合もあるので人がパットをする時は、十分に確認して下さい

同伴競技者がパットする時は、話し声がきになるのであまり大きい声はダサいようにしてプレーの邪魔をしないようにしましょう。

⑨ピンフラッグの抜き方

基本的に同伴競技者全員のボールがグリーンに乗った時は必ず抜きますが。ボールがグリーンの外にあった場合も本人が抜きたければ抜いても構いません

ピンフラッグはグリーンの外に置きます。もしグリーン上に置いてしまい打ったボールがピンフラッグにあたってしまうとと2打罰になりますので同伴競技者の為にグリーン外に置きましょう

服装

ゴルフクラブに行くときは服装に気をつけましょう。クラブハウスに入場の時、多くのゴルフクラブで服装に決まりがあります。

基本は襟付きシャツとスラックスでジャケット着用が基本です。コースでも帽子着用でポロシャツの裾はズボンの中に入れます。

ステップバイステップゴルフスクール