アプローチ編

         アプローチの基本

アプローチの上達は100を切る為には絶対に必要です。特に30y以内はミスしたくありません。アプローチにはトップやダフりがあります。

短い距離のアプローチでダフったり、トップしてしまうというのは、スイング中に体の軸が大きくぶれるというのが一番大きな原因です。

そのミスを少なくするにはアドレスがとても重要になってきます。なぜアドレスが大事かというと、アプローチはあまり大きい動きを必要としません。

なるべく小さい動きでスイングする事でミスを少なくすることが出来ます。安定したアドレスをする事でミスが少なくなります。

まずクラブを通常より短く持ちボールに構えます。その時、歩幅は狭くして下さい。大体両足にコブシが1つ分位開けて構えて下さい。

その次に両足を少しオープンして両膝を軽く曲げます。意識としては両足のつま先を10°位左に向けます。

次に体重配分ですが少しだけ左足に多くかけます。絶対に右足体重にはなってはいけません。右足体重になるとボールをすくい打ちしたりインパクトでスエーしたりしてミスショットが増えます。体重配分大体6;4位の比率でいいです。

その体重配分を変えずバックスイングします。スイング中は下半身をできるだけ動かさないように意識して下さい。右足に体重移動をしてはいけませんインパクトまでは体重配分を変えないようするとミスショットが減ります。

そうする事でスイング中のスエーや頭が動いたりするミスを防げます。

最初はかなり違和感があると思いますが頑張って練習してみて下さい。

画像の説明

ステップバイステップゴルフスクール