ターフの跡でわかること – STEPBYSTEPゴルフスクール大阪ブログ – ゴルフスクール大阪stepbystep・北浜・ゴルフレッスン・初心者専門

投稿日: カテゴリー: ゴルフレッスン

ターフ跡で分かることは、スイング軌道です。

正しいターフの取れ方はターゲットに対して真っ直ぐが緩やかな左方向に向くのが正解です。

インに振りぬいて行くとカット軌道ではと思われるかもしれませんが切り返しでクラブがインから下りてそのまま前傾角度をキープしながらスイングするとクラブはインに振りぬくことになります。

だからターフ跡は真っ直ぐか緩やかに左へカーブしているのが正解です。

もしご自身の打ったターフ跡がターゲットより右を向いてるなら注意が必要です。

真っ直ぐ構えてる真っ直ぐ打っているのにターフ跡が右に取れてるならインサイドアウトに振りすぎていることが考えられます。

ターフ跡が右方向に向いている原因は幾つかありますが、インパクト前にリリースが早くほどけてインパクトで前傾角度が保てなくて伸び上がってしまっている方が多いです。

ボールを真っ直ぐ飛ばしたい為にフェースの面を目標方向へ向けようとして右手でクラブを押し出そうとしてその結果右肘が伸びてしまいアドレスで出来た前傾角度がキープできなくて

その方に最も意識して欲しいのはインパクトで絶対に前傾角度を変えないことです。

右ひじが伸びてしまうと体が浮き上がってミスショットがでます。

インパクトで右ひじが伸びなければ前傾角度も保ってて正しいインパクトを迎えれます。

そんな方へのドリルですが

スイングする時に腕をあまり使わず体の回転を意識します。

前傾角度を変えないようにトップで作った形を保ったままインパクトを迎えるようにしてください。

最初はボールを打たずに体の回転でインパクトの形をイメージを作って下さい

徐々にスイングを大きくしながら練習しましょう

それとご自身で作ったターフの後は必ず目土しましょう。

後続のプレーヤーのために宜しくお願いします。

ターフの跡でわかること

 
◇米国男子◇アーノルド・パーマーインビテーショナル 3日目
 

ベイヒルGC&ロッジ(フロリダ州)◇7,381ヤード(パー72)

タイガーウッズが単独首位です。

復活優勝して欲しいですね


メッセージを入力